FC2ブログ
でんしゃのしゃしん
鉄道写真歴20年くらい?撮りだめた写真を掘り返してみる。
プロフィール

tetsuradiq

Author:tetsuradiq
「通勤急行のホームページ・TetsuRadi-Q」内「TrainZone」のコンテンツとして更新中。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



FC2カウンター



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「2扉車」
IMG_2885.jpg
2012.4.28 南海本線 粉浜

 南海2000系といえば、元祖「ズームカー」21001系や「通勤ズーム」こと22001系といった、南海高野線の極楽橋直通運用「大運転」用車両の後継として1990~1997年に製造された小柄な17m車である。かつての難波~極楽橋間の直通急行は、基本の4両に、平坦区間では2両や4両を増結するのが基本とされており、この2000系も2両と4両の2タイプを有している。

 鉄道利用客の減少は南海も例外ではなく、かつては南海線以上に長大編成が頻発していた高野線もその影響でダイヤの再構築を迫られるようになり、2005年の改正以降、当たり前のように走っていた極楽橋までの急行はほとんどなくなり、さらに車両運用に余裕が出来た影響で、収容力が小さい2000系が使いにくく、結果、一時は大量の休車が出る事態となった。
 しかし、まさか20年も経っていない形式を放っておくはずはなく、高野線での仕事を失った2000系は、異例の南海本線・空港線への転属となった。ここでは、老朽化が深刻化していた7000系列の置き換えとしての役割が求められたが、南海線でも17m車体が小さいのは同じことであり、その結果、普通列車専用としての活躍が続いている。

 が、これまで20m4扉車ばかりだった南海本線・空港線に、いきなり17m2扉車が運用についてしまうと、扉の位置も扉の数も違いすぎる。そこで登場したのが、車掌台の窓に貼られた黄色くバカでかい「2扉車」のステッカーである。ファンは「なんという…」と感想を持ったであろうが、顔の見た目が1000系とそう変わらない車両。駅によっては先発列車の両数・扉数の案内板もついているが、やはり車両側で認識させないと…ということで、美観度外視、視認性重視であの「2扉車」の表示となったのだろう。慣れるまでの措置、というわけでもなくすでに5年以上この姿で走っているので、最後までこのまま走るんだろうな…。

 ま、それにしても、この2000系。総数64両のうち、2両編成が14本もある。17m2扉でVVVFインバータ制御。まずは当然南海が使えるだけ使い倒すことになるだろうが、昭和の先輩ズームカー達がそうであったように、そのうち車両置き換えに悩む中小私鉄から引く手あまたのラブコールが送られてくるのではないだろうか。まさかの大運転大幅縮小で微妙な存在になってしまった2000系であるが、その将来は意外に明るいような気がしてならない。
スポンサーサイト

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:趣味・実用

7000系リバイバル旧塗装
7000系リバイバル旧塗装
2005.10.22 南海本線 石津川

 南海の色といえば今だに「緑の濃淡ツートン」を思い浮かべる方も多いであろう。1521系に採用されて以来、戦後の南海電車といえば「緑」(まあ高野線はステンレスの「銀」もあるけど)、南海ホークスのシンボルカラーでもあり、あまりにも当たり前の存在であったはずが、関西空港への直通に際し、南海のイメージを一新することとなって、このカラーリングは1992年に姿を消した。その後、ズームカー21000系が引退を前に緑基調の旧塗色を纏ったこともあったが、記憶や画像の中の存在でありつづけていた。

 それが、南海創業120周年の記念企画として、2005年10月から2006年6月まで、7000系1編成が懐かしの塗色に戻ったのである。当初数か月は運用も公開され、多くのファンの被写体となった。ちょうどこの頃に南海本線が大掛かりなダイヤ改正を行ったため、その移り変わりをおさえた方も多いであろう。私は…なんで2回しか撮りに行ってないんだろう??途中で運用公開がなくなってしまい、撮れないリスク覚悟では行きにくかったんだろうか。画像は空港急行の運用につく旧塗装である。関西空港ができたからこそこのカラーリングは姿を消したわけだが、まあ皮肉とはいわないか。

 「旧塗装になったから、運転終了後は廃車になるんじゃ?」なんてウワサも聞いたことがあったが、7000系の廃車は始まっているものの、記事掲載時点ではちゃんと現行塗色に戻り現役である。

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:趣味・実用





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。