FC2ブログ
でんしゃのしゃしん
鉄道写真歴20年くらい?撮りだめた写真を掘り返してみる。
プロフィール

tetsuradiq

Author:tetsuradiq
「通勤急行のホームページ・TetsuRadi-Q」内「TrainZone」のコンテンツとして更新中。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



FC2カウンター



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英字入り赤幕急行
赤幕急行 桜木町ゆき
2002. 8.-- 東急東横線 新丸子

赤幕急行 渋谷ゆき
2002. 8.-- 東急東横線 都立大学

 東急東横線の優等列車といえばながらく急行だけであったが、2001年より特急が新設、「隔駅停車」などと陰口を叩かれるほど停車駅の多かった急行に比べるとぐっと停車駅を絞り、湘南新宿ラインを新設したJRへの明確な対抗策として注目された。この特急新設の際、東横線では車両運用の見直しが行われている。特急新設より前は、急行が9000系、各駅停車が8000系(8590系は急行)と厳格に車両が区別されていたのだが、この改正を機に種別での色分けがなくなり、8000系も優等運用に入るようになった。これによって完全復活したのが8000系の「赤幕」である。

 もともと8000系の前面幕は行先のみの表示で、急行運用時には車掌台下に種別板をかけて表示していた。しかし、その後種別板をモチーフとしたか、「急-渋谷」という書式で赤地白文字の表示を前面幕に装備し、表示して走るようになった(当初は種別板を併用したらしい)。しかし、前述の運用分けでダイヤ乱れでもない限り8000系の急行は走らなくなったため赤幕は幻となったのである。

 これが特急運転開始により8000系の急行運用が復活、特急はオレンジ地に白文字の表示が新設され、急行はそのまま赤地白文字の表示が使用された。しかし、当時の8000系は大半の行先表示がLED化、東横線所属では8021F、8023Fの2本だけが字幕式の行先表示を残している状態で、見れなくはないものの…という状況であった。また、かつてと違い英字が併記されていたため書体も微妙に変更されていた(みなとみらい線直通に合わせて英字併記がオール大文字に変更されたが、当時は他形式も含め小文字交じりの表記を使用していた)。

 2002年夏の撮影である。たしか目黒線の行先が朝を中心に区間運転が大量にあるからと撮りに行ったのが主だったように思う。その前に1度行っており、その際に赤幕急行を撮っていたため、あわよくばという気持ちでトライしていたら、見事に桜木町ゆき、渋谷ゆきとも撮ることができた。で、この時朝ラッシュ後にある急行元住吉ゆきに入れば最高なのにな…と思っていたところ、
赤幕急行 元住吉ゆき
2002. 8.-- 東急東横線 都立大学

 撮れてしまったのである。東急を撮るなんて遠征で年に1回いくかどうか。まーこの時は自分の幸運さに浮かれたものだ。ちょっとぶれてるけど。運行番号表示を見る限り、当時は「32」運用に入れば大当たりだったようである。
 その後2003年に8023Fが前面表示をLED化され、8021F1本だけが字幕表示車として残る。しかし、みなとみらい線直通時に表記方式の見直しが行われた際もLED化ではなく字幕の取替えが実施されている。しかし、そこで急行の表示は種別部のみ赤地とされたため、赤幕急行は姿を消した。
 全面赤色の東横線急行幕。方向幕自体が風前の灯となっている昨今だが、電光表示では敬遠しがちな大胆な色使いのインパクトは心に残るほど強いものであった。

おまけ。各駅停車は黒幕・行先のみであった。
8021編成 桜木町ゆき
2002. 8.-- 東急東横線 都立大学
スポンサーサイト

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:趣味・実用

自由が丘ゆき
自由が丘ゆき
2001.2.8 東急大井町線 大井町

 「自由が丘」という地名は地方民には何か洗練された街という印象を与える。その街を横切る東急大井町線にはながらく自由が丘ゆきの列車が運転されていた。これは自由が丘駅近くに大井町線車両の検車区が設置されていたためで、そこへの入庫を兼ねた列車であった。検車区としては昭和40年代初めには機能を田園都市線の鷺沼へ移しており、その後は留置線的な自由が丘車庫となっている。

 そんな形なので設定も数本程度に限られており、2001年に撮った際は敢えて自由が丘ゆきに合わせて大井町駅へ行った。手持ちの記録によるとこの当時は1日3本だったらしい。タイミング的に8090系とかぶってしまったのでどっちがメインかわからない写真なのが残念だが。8000系の定期運用がなくなり、8090系も表示幕がLED化されるなどこの並びはもう完全に過去のものである。

 その後、自由が丘車庫は留置線の本数削減を経て、2007年11月15日をもって廃止となり、その時点では1本だけとなっていた自由が丘ゆきも同日をもって運転終了。翌日からは二子玉川まで走るように改められている。

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:趣味・実用

1日だけの横浜ゆき


9000-lty.jpg
いずれも2004.1.31 東急東横線 学芸大学

 現在、東急東横線はみなとみらい線へ相互直通し「元町・中華街」の表示も見慣れたものとなった。2004年1月30日(金)をもって東急東横線横浜~桜木町間が廃止となり、2月1日(日)に横浜高速鉄道みなとみらい21線横浜~元町・中華街間が開業。しかし、この間に空白の1日がある。2004年1月31日(土)は東横線は横浜まで、みなとみらい線は未開業。このため、この日だけ東横線は終日渋谷~横浜間のみの運転が行われた。各社局、各方面からの電車が集結する横浜駅だが、日常的に「横浜ゆき」が見られるのは相鉄ぐらい。あとはあってもイレギュラーに1、2本あるくらいなものでたいてい横浜を通り越していた。東横線の横浜ゆきなんてそう見れるものではないとこの日は多くのファンが撮影しに来ており、駅の案内も「横浜」表示だらけとあって、物珍しさからか一般の人も興味深そうに表示板を指差したり、携帯のカメラで撮ったりしていたのが印象的であった。なお、現在は深夜にに1本だけ各停横浜ゆきが運転されている。

8000-ly.jpg
2004.1.31 東急東横線 学芸大学

この当時8000系の行先表示幕使用車は唯一この8021編成のみとなっており、注目を浴びていた。当日日の当たる時間帯では各停運用のみであったが(夜中には特急に入ったらしい)「各停 横浜」の表示を出して運行した。なお、8021編成は2005年3月に廃車となったが、代わって8039編成が帯を消し、前面行先表示をLEDから方向幕に取り替えて登場時の姿に近づけたいわば「リバイバル編成」となったため、8000系方向幕車がなくなったわけではない。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。