FC2ブログ
でんしゃのしゃしん
鉄道写真歴20年くらい?撮りだめた写真を掘り返してみる。
プロフィール

tetsuradiq

Author:tetsuradiq
「通勤急行のホームページ・TetsuRadi-Q」内「TrainZone」のコンテンツとして更新中。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



FC2カウンター



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

先代の快速急行(その3)
正月臨 快速急行 国府ゆき
1998.2.1 名鉄豊川線 国府~八幡正月臨 快速急行 国府ゆき
1999.2.7 名鉄豊川線 国府~八幡

「先代の快速急行」として取り上げてきたのは定期列車であるが、臨時でも「快速急行」と称して運転された列車がある。その代表格といえるのが豊川線国府~豊川稲荷間に正月期のみ運転されていた快速急行である。
豊川稲荷は全国でも有数の初詣場所であり、例年名鉄ではその旺盛な需要にあわせ、「正月ダイヤ」と称して特別ダイヤを組み、直通の特急を大増発してこれに対応。それに加えて運転されていたのがこの「快速急行」であった。国府~豊川稲荷間で途中諏訪町のみ停車という設定。急行は豊川線内各駅停車となっているため別種別が必要となった。そのため「高速」があった頃は「高速」。高速がなくなると一時「全車一般席車の特急」という苦しい名称になったが、本線に快速急行が登場した時から快速急行として運転された。

車両はおおむね通勤型が使用されたのだが、6000系のように新一宮発などの定期の快速急行に通常使用されない車両には種別幕が整備されていなかったので上の画像のように小さな種別プレートを車掌台側に吊り下げて運転していた。この手のプレートは名鉄ではこの快速急行に限らず、過去にも方向幕がないときなど他の場面でも登場することがあった。ただ、たまには下の画像のように5500系などの行先に使われるような通常サイズの種別板が吊られることもあった。なお、極めてまれながら運行標識使用車も入ったことがあったようである。
正月臨 快速急行 国府ゆき
1999.2.7 名鉄豊川線 国府~八幡

この快速急行は名鉄が正月ダイヤの際に配布していた臨時ダイヤの時刻表には掲載されておらずひっそりと運転されていたのだが、いつのまにやら運転されなくなった。豊川線の臨時ダイヤも年々縮小されていたのだが、空港線開業を控えた2005年の正月シーズンをもって設定を終了した。なお、現在の快速急行は豊川線乗り入れが行われている。

ちなみに、名鉄初の「快速急行」は知多新線沿線にある日本福祉大学関連の輸送の時に設定された列車であるといわれている。
スポンサーサイト




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。