FC2ブログ
でんしゃのしゃしん
鉄道写真歴20年くらい?撮りだめた写真を掘り返してみる。
プロフィール

tetsuradiq

Author:tetsuradiq
「通勤急行のホームページ・TetsuRadi-Q」内「TrainZone」のコンテンツとして更新中。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



FC2カウンター



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7000系リバイバル旧塗装
7000系リバイバル旧塗装
2005.10.22 南海本線 石津川

 南海の色といえば今だに「緑の濃淡ツートン」を思い浮かべる方も多いであろう。1521系に採用されて以来、戦後の南海電車といえば「緑」(まあ高野線はステンレスの「銀」もあるけど)、南海ホークスのシンボルカラーでもあり、あまりにも当たり前の存在であったはずが、関西空港への直通に際し、南海のイメージを一新することとなって、このカラーリングは1992年に姿を消した。その後、ズームカー21000系が引退を前に緑基調の旧塗色を纏ったこともあったが、記憶や画像の中の存在でありつづけていた。

 それが、南海創業120周年の記念企画として、2005年10月から2006年6月まで、7000系1編成が懐かしの塗色に戻ったのである。当初数か月は運用も公開され、多くのファンの被写体となった。ちょうどこの頃に南海本線が大掛かりなダイヤ改正を行ったため、その移り変わりをおさえた方も多いであろう。私は…なんで2回しか撮りに行ってないんだろう??途中で運用公開がなくなってしまい、撮れないリスク覚悟では行きにくかったんだろうか。画像は空港急行の運用につく旧塗装である。関西空港ができたからこそこのカラーリングは姿を消したわけだが、まあ皮肉とはいわないか。

 「旧塗装になったから、運転終了後は廃車になるんじゃ?」なんてウワサも聞いたことがあったが、7000系の廃車は始まっているものの、記事掲載時点ではちゃんと現行塗色に戻り現役である。
スポンサーサイト

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:趣味・実用





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。