FC2ブログ
でんしゃのしゃしん
鉄道写真歴20年くらい?撮りだめた写真を掘り返してみる。
プロフィール

tetsuradiq

Author:tetsuradiq
「通勤急行のホームページ・TetsuRadi-Q」内「TrainZone」のコンテンツとして更新中。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



FC2カウンター



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南大阪線唯一のシリーズ21
南大阪線唯一のシリーズ21
2006.12.-- 近鉄南大阪線 布忍

 大阪阿部野橋をターミナルとする近鉄南大阪線。もともとは大阪鉄道という別会社を戦前に近鉄(当時は関西急行鉄道)が合併して近鉄の一員となった経緯がある。狭軌線であり、大阪難波や大阪上本町をターミナルとする大阪線や奈良線に比べると少し毛色が違う雰囲気があるのはこういった歴史があるからなのかもしれない。

 さて、南大阪線は80年代後半にVVVF車の6400系列の増備で6800系「ラビットカー」などの古参車両を置き換えたこともあって、近年車両の入れ替えが行われていない。記事掲載時点で最も新しいのが、2002年に登場したこの6820系である。狭軌版シリーズ21はこの6820系が現時点で唯一の存在、さらにいうと、6820系自体この画像の2両編成×2本だけの存在である。南大阪線はどういうわけか1本や2本しかない形式がいくつかある。今のところ近鉄が他線で増備している車両はこのようなシリーズ21タイプであることから、今後いずれは増備されていくのであろうが、今のところこの6820系もそんな少数派の仲間である。余談だが、近鉄は抵抗制御車とVVVF制御車など、制御方式が違う車両であってもおかまいなしに連結するため、この2編成も普段はバラバラに運用されており、連結して走る姿はたまにしか見られないそうである。
スポンサーサイト

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:趣味・実用





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。