FC2ブログ
でんしゃのしゃしん
鉄道写真歴20年くらい?撮りだめた写真を掘り返してみる。
プロフィール

tetsuradiq

Author:tetsuradiq
「通勤急行のホームページ・TetsuRadi-Q」内「TrainZone」のコンテンツとして更新中。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



FC2カウンター



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

急行 長瀞.寄居・三峰口
長瀞.寄居・三峰口
2001.2.8 西武池袋線 秋津

 西武池袋線から西武秩父線を通り、秩父鉄道まで乗り入れを行う列車は、1989年に登場した。土・休日は池袋からの快速急行が走っているが、かつては平日にも池袋から急行が1本直通していた。土・休日の快速急行はクロスシートの4000系だったのだが、平日の急行は秩父鉄道乗り入れ仕様に改造されていた新101系が限定運用されていた。

 さて、この列車の行先表示は、「長瀞寄居三峰口」となっており、3つも駅名が表示され、しかも区分する点の位置が違うという不思議な表示である。これは3つの行先の列車を組み合わせているわけではなく、実際は「寄居」ゆきと「三峰口」ゆきである。長瀞駅は寄居駅の手前にあるが、観光地としても知られている地名であり、一方、行先の寄居ではどこかわからないということなのか(ファンなら東武東上線の終点と言うことでおなじみだが)、JR西日本風にいう「長瀞方面寄居」という意味で「長瀞.寄居」としていたのだろうと思う。

 この急行は2001年12月のダイヤ改正で廃止となったが、秩父鉄道への平日の直通運転自体は継続されており、記事掲載時点では飯能発の各停が直通しているが、秩父鉄道方面へは夕ラッシュ時に2本の直通となっており、この直通は通勤通学輸送が主のようである。

 また、西武からの秩父鉄道乗り入れ区間も2007年3月の改正で長瀞までに短縮されており、現在は単純に「長瀞・三峰口」ゆきである。
スポンサーサイト

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:趣味・実用





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。