FC2ブログ
でんしゃのしゃしん
鉄道写真歴20年くらい?撮りだめた写真を掘り返してみる。
プロフィール

tetsuradiq

Author:tetsuradiq
「通勤急行のホームページ・TetsuRadi-Q」内「TrainZone」のコンテンツとして更新中。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



FC2カウンター



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雨の中の元阪神4連
雨の中の元阪神4連
2003.3.16 ことでん琴平線 高松築港~片原町

 「電車の博物館」の異名をほしいままにしてきた高松琴平電気鉄道。しかし、経営破たん後は根本的なサービス改善に取り組むことになり、京浜急行から700形を大量導入して当時ラッシュ運用中心にこそなっていたものの、まだまだ残っていた非冷房車を一掃していくことになる。その中で、ことでんの車両取替えの歴史の中で、一時導入先の中心的存在だった元阪神電気鉄道の車両も姿を消すことになった。当時のことでんは車両引退のたびに大々的にお別れイベントを行い、定期列車を立て替える形で、引退車両以外にも旧型車を通常運用に放り込んだり、ラッシュや正月だけの4両運転を行って、ファンをうならせていた。

 このときの引退は画像では琴平方となる1050形1051-1052。わが国の鉄道史に残る初代「ジェットカー」5001形を譲受したものだが、かつての瓦町駅が急カーブの途中にあり、3扉車の中扉はホームとの隙間が広くなって危険、との理由から、中扉は埋められ、またラッシュ時の増結運用を柔軟に行うために、制御方式を手動加速(HL)、吊り掛け駆動に変える改造の上投入された。その後、駆動方式はカルダン方式に戻されるなどしている。このさよなら運転では阪神の特急看板を模した引退を伝えるヘッドマークが付いていた。
 一方、高松築港方2両は元阪神5231形である1053形1053-1054。こちらも2扉化はされていたが、ことでん初の吊り掛けとも連結できるカルダン駆動車(阪神時代のものではなく新調されている)として登場した。ともに非冷房であり、昼間に運用されることはなかなかなく、さよなら運転が最後のチャンスと撮りに行ったもの。
 このとき1053形は引退ではなかったものの(なのでヘッドマークなし)、「阪神車同士の連結4連」というテーマなのか、連結して運用に入っていた。阪神より上半分のクリームは白っぽい印象がある旧ことでん色、しかもこの2編成は元青胴車なのだが、でも、伝統の阪神顔によくマッチしていた。

 雑多な旧型車の魅力もわかるようになってきたのはこの少し前くらいの頃から。間に合ったという気もするし、ちょっと遅かったかな…という気もする。
スポンサーサイト

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:趣味・実用





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。