FC2ブログ
でんしゃのしゃしん
鉄道写真歴20年くらい?撮りだめた写真を掘り返してみる。
プロフィール

tetsuradiq

Author:tetsuradiq
「通勤急行のホームページ・TetsuRadi-Q」内「TrainZone」のコンテンツとして更新中。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



FC2カウンター



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヘッドマーク時代・富山地鉄の2連快急
rpd-dtoyama.jpg
2001.7.-- 富山地鉄本線 越中三郷~越中荏原

 富山地方鉄道が、大手私鉄の専売特許のような列車種別「快速急行」を新設したのは1997年4月。急行が各停運転となる寺田~電鉄富山間でも通過運転を行うのが特徴で、当初は導入されてまだ日の浅かった元西武5000系の16010形による3両編成が限定的に起用されていたという。
 ただし、通学客が少ない日には3両編成では供給過剰という事情もあり、日によっては一般の2両編成に車両が変更されるとのことで、遠征の際に撮影できたのはまさにその2両編成の方だった。…ただ、これは敢えてそっちを狙って遠征日程を組んだ覚えもあるようなないような…。
 20世紀の最終盤まで富山地鉄では運行標識を使用する車両が残っていたようだが、この当時はさすがに全車に前面方向幕が整備されていた。が、快速急行の表示が種別幕に用意されていなかったため(これは記事投稿現在でもそう)、運行標識を16010形用とその他の車両用に新調。年々減っているとはいえ、現在も電鉄富山駅の壁に陳列されている運行標識のうち、当時レギュラーで使用していたのは特急ヘッドマーク以外の丸看板ではこの列車の快急看板だけではと思い、気合を入れて撮った。・・・割には例によってピントが甘い。

 2013年冬にはもともと停車駅数が少なかった立山線で早朝に運転されていた急行が快速急行に格上げされる反面、本線は1本が急行に戻されるなど微妙に変化はあるが、最新の17480形でもいまだ種別幕未整備という知る人ぞ知るレア種別であり続けている。
 なお、記事掲載時点では使用車両に特に制限はないようだが、ワンマン運転の拡大もあってか運行標識は既に使用中止となり、運転台にラミネート加工された「快速急行」の紙を掲出する形に変わっている。
rpd-dtoyama2.jpg
 実車についていた運行標識が見えにくいので、電鉄富山駅に置いてあったものを撮影。左が16010形用、右が掲出されていたその他車両用の丸看板。

スポンサーサイト




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。