FC2ブログ
でんしゃのしゃしん
鉄道写真歴20年くらい?撮りだめた写真を掘り返してみる。
プロフィール

tetsuradiq

Author:tetsuradiq
「通勤急行のホームページ・TetsuRadi-Q」内「TrainZone」のコンテンツとして更新中。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



FC2カウンター



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

臨時寝台急行「霧島」
臨時寝台急行「霧島」
----.--.-- JR山陽本線 竜野~相生

 夜行列車の斜陽化が叫ばれて久しく、もはや末期状態といえなくもないが、それでも90年代半ばまでは多客時の臨時寝台列車の運転が残っていた。その一つが新大阪~西鹿児島間運転の20系の寝台急行「霧島」であった。
 もともとは昭和61年11月改正で消滅した寝台特急「明星」が臨時格下げされ20系で運転されていたのだが、初代寝台特急専用客車といっても旧式となった20系は特急料金を取る水準ではないとして寝台急行「霧島」に衣替えしたものである。このとき同時に同じく20系で運転していた「あかつき81・82号」は寝台急行「雲仙」、「あさかぜ81・82号」は寝台急行「玄海」となった。ちなみに「明星」「あかつき81・82号」は手書きのような定期列車と同じイラストのテールマークが掲げられていたが、「あさかぜ81・82号」は往年の20系特急を髣髴とさせる文字マークでの運行であった。

 同じ新大阪発着でも「雲仙」は通過が5時すぎでとても撮れず1度も見ることはなかったが、「霧島」は上りの新大阪到着が遅く、撮影地付近は午前8時半過ぎに通過するうえに運転期間も比較的長めで、余裕で撮影できた…はずなのだがあんまり写真がない。なんか写真を撮らず見送りだけした記憶がなんだかあるのだが…。もったいない。「明星」時代も何度となく見送っただけで1枚も撮ることはなかった。まあ、今と違って中学生で一眼レフなんてまずムリな頃である。コンパクトカメラで走行写真なんてかなり難があった。

 ちなみに20系臨時寝台急行の運転は平成8年で打ち切られたのだが、「霧島」は平成7年に「桜島」に改称している。これはJR九州が宮崎~西鹿児島(当時)間の特急を「きりしま」としたことに伴う変更と言われている。

 余談だが、「霧島」の牽引は通常EF65 1000番台であったが、極めてまれにEF66が使われるケースがあり、偶然撮ることができた(この当時はネットもないし携帯もない。人づてでしか情報なんて入ってこない頃である)。ただ、これもコンパクトカメラで腕がない身、小さく映っていたのをパソコンで引き伸ばした画像である。
EF66+「霧島」
----.--.-- JR山陽本線 竜野~相生

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://tetsuradiq.blog54.fc2.com/tb.php/15-8aaf591f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。