FC2ブログ
でんしゃのしゃしん
鉄道写真歴20年くらい?撮りだめた写真を掘り返してみる。
プロフィール

tetsuradiq

Author:tetsuradiq
「通勤急行のホームページ・TetsuRadi-Q」内「TrainZone」のコンテンツとして更新中。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



FC2カウンター



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

阪神・快速急行
8502編成 快速急行
1999. 3.17 阪神本線 千船

 阪神の快速急行はかつて特急とともに主力となっていた列車である。昭和58年に休日の昼間限定でスタート。当初は梅田~西宮間の急行を三宮まで延長運転する形ではじまった。急行のダイヤに乗っかっているため、梅田を出ると野田、尼崎、甲子園、西宮と停まるが、延長運転となる西宮以西は三宮までノンストップ、上りは青木に停まり後続の特急を待避していた。そして昭和61年の改正で勢力を拡大、平日昼間にも急行に替わって快速急行が運転され、阪神は「阪神間に12分に2本の速達列車」というかつての「待たずに乗れる阪神電車」の再来といえるアピールポイントが生まれた(当時の国鉄は新快速・快速が15分に各1本、阪急は特急が10分に1本)。ただ、この改正より上りの青木停車を中止する代わりに六甲ライナーの乗換駅となった魚崎に追加停車し西宮~三宮間ノンストップではなくなった。その後今津も一部時間帯の下りのみ追加停車している。
 こうして特急とともに2枚看板となった快速急行であるが、平成10年の直通特急運転開始のダイヤ改正で立場が大きく変わる。この改正で1サイクル10分の運転となったため、昼間の快速急行は元の梅田~西宮の急行に置き換えられ平日朝下りと夕方の運転のみとなる。その後平日朝下りの運転もなくなったため、現在は平日の夕ラッシュ時のみと往時と比べかなり寂しいものとなった。停車駅も青木と岩屋が加わっている。

 ちなみに、西大阪線の延伸に伴う近鉄奈良線との相互直通運転は数十年の構想段階を経てようやく開業が近づいてきたが、その際のメイン列車は快速急行になるとされている。近鉄奈良線では今も主力中の主力であるが、かつてはともかく現在の阪神の快速急行は影の薄い存在になっている。開業時に再び主役に躍り出ることになるのだろうか。それにしては直通用新車の1000系が「急行」「奈良」表示で登場していたのが気になるが…。

この記事に対するコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2008/11/28 15:49】 | # [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://tetsuradiq.blog54.fc2.com/tb.php/31-06f90fcb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。