FC2ブログ
でんしゃのしゃしん
鉄道写真歴20年くらい?撮りだめた写真を掘り返してみる。
プロフィール

tetsuradiq

Author:tetsuradiq
「通勤急行のホームページ・TetsuRadi-Q」内「TrainZone」のコンテンツとして更新中。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



FC2カウンター



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大塩ゆき直通特急
大塩ゆき直通特急
1999.5.2 阪神本線 梅田

 阪神・山陽の直通特急は阪神梅田~山陽姫路と乗り入れ両社のターミナルを結ぶのが基本である。しかし、比較的長距離なうえに終日運転ということもあって、車両運用の都合上、早朝深夜は全区間運転とはならないケースがある。出庫の関係で始発駅が御影や東二見になったり、山陽の車庫がある東二見止めという列車も設定されていた。しかし、その中で異彩を放っていたのが夜間に1本だけあった大塩ゆき直通特急である。
 大塩は車庫のある東二見と山陽姫路のちょうど中間付近にある特急停車駅であり、一部のS特急や普通車が始終着としている駅ではあるものの、それにしてもなぜ大塩?という不思議な行き先設定であった。2006年に姿を消したが、直通特急には直通運転をアピールすべく「大阪ライナー」「姫路ライナー」の愛称がついており、愛称プレートも掲示されていた。この大塩ゆきにも姫路まで行かないのに「姫路ライナー」のプレートが付いていた。実際は、終点大塩で普通車に接続するので、ちゃんと姫路には行けたのだが。
 この改正では山陽電鉄線内運転の大塩ゆき特急も1本設定されており、気になる人には気になる列車であった。都合で仕方なく設定されたと言えなくもないこの列車は次の2001年改正であっさり姿を消した。なお、余談だが、2008年現在の阪神電鉄の行先表示幕では「直特 大塩」の表示はすでに削除されている。

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:趣味・実用


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://tetsuradiq.blog54.fc2.com/tb.php/40-a61687fc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。