FC2ブログ
でんしゃのしゃしん
鉄道写真歴20年くらい?撮りだめた写真を掘り返してみる。
プロフィール

tetsuradiq

Author:tetsuradiq
「通勤急行のホームページ・TetsuRadi-Q」内「TrainZone」のコンテンツとして更新中。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



FC2カウンター



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

名鉄5509編成
名鉄5509編成
1999.2.7 名鉄名古屋本線 国府

 昔を懐かしむ名鉄ファンがいまなお支持する車両の1つに5500系がある。名鉄の代名詞的存在はもちろん「パノラマカー」こと7000系列であったことに異論はないだろうが、5500系はその1つ前の形式になる。名鉄初の高性能車5000系の最終完成形ともいえる形式であり、なんといっても特別料金不要で乗れる車両としては戦後初の冷房完備というのがインパクトがあった(注・試験的な車両としては戦前に例があるとのこと)。また、丸みを帯びた美しいスタイルに魅了されるファンも多く、2005年の引退直前には「甦る5500系」と題して、かつてまとった塗装を復刻して引退まで定期運用やイベント的な運転を行っていた。

 その5500系の中で異色の存在として知られていたのがこの5509編成であった。登場から5年ほどの1964年に留置中の新川工場で火災に遭ってしまい車体を損傷。この頃の名鉄は運転台の高運転台化を積極的に行っていたためか、この5509も高運転台化されて復旧した。パノラミックウィンドウ風の大きな前面窓も車体の美しさに1枚買っているような気がしていたのだが、それとはまったく違う5509の顔つきにファンは「珍しい存在」と注目するようになったのである。名鉄5500系はロングセラーのNゲージプラキットが今も発売されているが、腕に覚えのある人は決まってキットを改造してこの編成を作りたがる傾向があるように思う。出来る人がうらやましい。

 ただ、私自身は存在に気づくのがやや遅く、それゆえかなかなか出会うことはなかった。出会っても車内ですれ違いとかばかりでなかなか撮ることができなかった。ところが、99年の豊川輸送の撮影を終えて豊川線の線路沿いから国府駅に戻る途中、よりによって7000系と併結され8両編成で走る5509編成を目撃。急行豊橋ゆきで走り去る姿に、私とそのとき一緒にいたサークルの友人とは慌てて駅でセッティング。折り返しはと時刻表を確認して「(急行)御嵩ゆき」なことにさらに大盛り上がり。恥ずかしながら体力勝負で両サイドともおさめさせて頂いた。余談だが、この御嵩ゆきは5500系だけが御嵩へ行き、7000系は犬山止めだったはずである。その後、御嵩まで入るパノラマカーの運用が出来て当時のネット上でも話題になった記憶がある。

 車齢が40年を超えても全車健在、2両と4両で優等から普通まで使いやすいことから本線系統の全線で重宝されてきたのだが、2000年のいわゆる「東海豪雨」で水没した5505編成が不慮の廃車となって以降、使用線区の1つだった小牧線への地下鉄乗り入れ用300系の導入に伴う置き換えで淘汰が始まり、5509編成は一足早く2002年で廃車となった。結局撮ったのはこの時が最初で最後だったはずである。

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:趣味・実用


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://tetsuradiq.blog54.fc2.com/tb.php/44-79f4b19e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。